読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手作りウインナー

さっそく旦那と一緒に手作りウインナー!

 

まずは下準備として

1,羊腸をお取り寄せ(お肉屋さんではあまり売られていないそう)

2,新鮮な挽肉を購入(新鮮!がポイント)

3,絞り口もお取り寄せ(布なので使い捨てではない)

 

 

レッツウインナー!

 

まずは羊腸をお水に浸して戻します。

あとは絞り口に羊腸を通していきます。

※あらかじめ羊腸内に蛇口からお水を通すことでこの作業が大分らく!

 

そして分量を量ってすべて混ぜる!

f:id:a-s-a-p-31-mtnb:20170408113522j:plain

ここで大事なのが10℃以下にすること。

そのため氷水にボウルを入れながらまぜまぜ

混ぜ方もかなりねっとりするくらいまでしっかり混ぜます

ここで妥協するとハンバーグみたいな食感になるらしい・・・

 

スパイスもいろいろと懲りたいところですが

とりあえず家にあるものをぶっ込んでみる

 

そしていよいよ羊腸へつめつめ

絞りにお肉を空気を抜くようにつめ

先に1センチほど絞り出します。

 

絞り出したところを切り落とし

羊腸を引っ張り出し口をきゅっとしばります。

 

それから絞りをぎゅーーーっとして絞り出す作業

腸にたくさんつめすぎるとねじるときに破れちゃうし

つめなさすぎても張りのないウインナーに・・・

 

f:id:a-s-a-p-31-mtnb:20170408114736j:plain

なんとかねじってウインナーらしくなりました

すごい!めっちゃウインナー!!!!

 

これを一度ボイルします

温度も70度前後でゆっくり30分

f:id:a-s-a-p-31-mtnb:20170408113605j:plain

おぉ、なんかちょっとお高めのウインナーや

 

これをこのままいただいてもよし

さらにフライパンで焼いてもよし

燻製してもよし

 

 

上記すべてやりましたが、

一番おいしかったのはフライパンで仕上げ焼きかな。

 

燻製は、30分ほどウインナーを乾燥させて

いぶし銀にて燻製

乾燥が足りなかったせいかやや酸味が出てしまった

そんな酸っぱいウインナーでも、そこからさらにボイルすると

全然気にならないおいしい燻製ウインナーに

ちょっと手間ですが・・・

 

 

しばらくはうちの朝ご飯に登場するでしょう

 

 

こんなに簡単にウインナーが無添加でおいしくできるなんて!

今回はちょっと砂糖が多すぎたせいか甘かったので

次回の課題にしてまた作ろーーっと。

 

羊腸は4mで500円くらいだし、保存がきくので

さっそくアマゾンさんでポチッと追加注文したのでした。